アパートを運営するなら一棟買いの方が断然お得

至難の業

模型

空室リスクに必要

不動産投資における家賃設定は、空き家にするリスクを低減させるための手法のひとつでもあり、極めて重要なポイントになります。不動産は年々劣化していきます。築年数が経過すると不動産の価値が低下しますが、どの程度家賃に反映させるべきなのか悩むケースが多くなっています。オーナーの悩みは、家賃相場の把握です。空室対策として家賃を引き下げるケースもありますが、闇雲に下げると収益を低下させる要因になってしまいます。投資である以上利益をきちんと出せるようにしなければならないのです。そのため、家賃相場の研究は不動産投資の上では重要なポイントになるのです。家賃相場は、周囲の不動産状況の家賃で決まります。周囲の不動産も同じように家賃相場を研究しつつ決定しているため、家賃相場は流動的になっているのです。また基本的には一年間で1パーセントほど低下するようです。しかしこれはあくまでも概念です。必ずしも低下するとは限らないのです。最近では家賃相場を設定してくれるサイトなどがあります。不動産は全国に膨大に存在するので、そのデータを集計した上で適切な家賃を設定してくれるのです。マンションや一戸建てなど物件の種類、間取りや築年数から総合的に判断してくれます。また建物そのものの価値だけでなく、駅からどれだけ近いかなど立地の面からも検討してくれます。しかし、これも目安としてとらえる必要があります。必ずしも正解とは言えないのです。経験やノウハウを求めるのであれば、賃貸管理会社の力を借りるのも一つの方法です。